戸建て投資を成功に導く10個のチェックポイント【現地見学編】

戸建て投資を成功に導く10個のチェックポイント【現地見学編】

「気になる物件に問い合わせしてみたけど、物件の見学ではいったいどういうポイントに気をつければいいのだろう?絶対に失敗したくないしなぁ。」

こういった疑問にお答えします。

✅本記事でわかること

・物件見学時の戸建て外観のチェックポイントがわかる
・物件見学時の戸建て室内のチェックポイントがわかる

 

不動産の購入は絶対に失敗したくないですよね?

必死に貯めたお金を一気に使ってしまう恐怖、わかります。

僕も1棟目、2棟目の購入を進めるまで不安でいっぱいでした。でも安心してください。

実際に10棟以上の投資用物件の購入を進めた僕の経験から、重要なチェックポイントを解説していきます。

 

現在のサラリーマン人生に何か変化が必要だと考えて副業を探し、

“戸建て投資”に一歩踏み出し始めたあなたに、

物件の現地見学(内見、内覧)時のチェックポイントを解説したいと思います。

 

戸建て投資を成功に導く10個のチェックポイント【現地見学編】

戸建て投資を成功に導く、現地見学のポイントを「外観」と「室内」に分けて説明していきます。

・戸建て投資を成功に導く外観のチェックポイント5

・戸建て投資を成功に導く室内のポイント5

戸建て投資を成功に導く外観のチェックポイント5

戸建て投資を成功に導く10個のチェックポイント【現地見学編】2

 

現地に到着したら、まずは戸建ての外周・外観をチェック。

 

担当者さんに

「外回り確認していいですか?」

「写真もいいですか?」と聞いてから、

物件の外壁に沿ってゆっくりと一周しましょう。

 

ポイント①:基礎のひび割れ(クラック)

○基礎のひび割れ(クラック)

・ひび割れの幅が0.5mm以上または深さが20mm以上ないか。

・基礎の高さいっぱいまでクラックがないか。

・水平方向にひび割れていないか。

基礎に大きなひび割れがある場合、建物の構造そのものに問題が発生している可能性があります。

室内チェック時に床の傾きに注意しましょう。

 

ポイント②:外壁のひび割れ(クラック)

○外壁のひび割れ(クラック)

・ひび割れの幅が0.5mm以上または長さが100mm以上ないか。

外壁の大きなひび割れは、建物の傾きが原因の可能性もあります。

また、外壁のひび割れから雨水が染みこんでいることもあります。

 

室内チェック時に傾きと雨漏りに注意しましょう。

 

ポイント③:外壁・軒裏のシミ

外壁や軒裏のシミは雨漏りの可能性があります。

 

室内チェック時に雨漏りに注意して確認しましょう。

 

ポイント④:屋根材のズレや破損

屋根材のズレや破損は雨漏りの原因となります。

 

室内チェック時に雨漏りに注意して確認しましょう。

 

ポイント⑤:近隣の環境

○近隣の環境

・異物(倉庫、傾いたブロック塀、裏山のがけ、怪しげな車や看板、送電線、お墓など)

・異音(お隣さんの話声、テレビの音、犬の鳴き声、ピアノ、町工場など)

・異臭(ペット、ゴミ、排水溝、用水路、工場、焼却場、牧場など)

近隣の環境を変えることはとても難しいです。

 

物件を一周歩きながら、何か異常がないか確認します。

何か気になる点があれば、許可を取ったうえで写真を撮っておきましょう。

 

戸建て投資を成功に導く室内のポイント5

戸建て投資を成功に導く10個のチェックポイント【現地見学編】3

外観のチェックが終わったら、いよいよ物件の室内のチェックです。

ここでも「写真大丈夫ですか?」と確認してからチェックしていきましょう。

 

ポイント⑥:床の傾き

○床の傾き

・LDKだけではなく、各部屋の床で確認。

・細かいカニ歩きで細かくチェック。

・ビー玉持参で転がしてもOK。

床の傾きはリフォームで修正できる可能性もありますが、

傾きの原因次第では修繕費が大きく必要となるケースもあります。

 

“傾き物件は買ってはいけません。”

 

ポイント⑦:雨漏りによる天井・壁のシミ

○雨漏りによる天井・壁のシミ

・2階の天井はもちろん、1階の天井や壁も目視でチェック。

・押入れやクローゼットの天井も要注意。

・壁のクロスが浮いているときも要注意。

雨漏りは屋根の補修などで直すことができます。

また、価格の交渉ネタにもなります。

 

ただし、雨漏りの原因を特定するのに時間がかかったり、思っていたよりも費用がかかったりするケースもあります。

 

“雨漏り物件は初心者にはおすすめしません。”

 

ポイント⑧:床下の湿気、シロアリ

○床下の湿気、シロアリ

・床下収納を開けて床下を覗きこみます。

・スマホのフラッシュライトを当てて、床下が湿っていないかチェック。

・床下の木材がボロボロになっていないか、木材に砂の固まりが付着(蟻道)していないかチェック。

・併せて、基礎を裏側からも確認して大きなクラックがないか確認。

シロアリでどれだけ建物の内側にダメージがあるのかわかりません。

 

“シロアリ物件は初心者にはおすすめしません。”

 

ポイント⑨:窓・建具(ドア・ふすま)の開閉

○窓・建具(ドア・ふすま)の開閉

・窓や建具はすべて開閉。

・何度か開閉してスムーズに動くか、窓枠との間などにすき間がないかチェック。

窓がスムーズに開け閉めできなかったり、すき間があったりする場合は家が傾いているケースがあります。

要チェックです。

 

ポイント⑩:水回り(お風呂、トイレ、キッチン)

○水回り(お風呂、トイレ、キッチン)

・風呂場のタイルの割れ、欠け

・トイレ便器の割れ

・キッチンシンク下の漏水、異臭

水回りはリフォームで非常にコストがかかる部分です。

 

できる限り、そのまま入居者さんに使ってもらうことができそうな部分はないか確認しましょう。

 

またよし不動産 副業戸建て投資部

「特に水回りのリフォームって費用がかかるよね?相場が知りたいなぁ。リフォームの実例も見てみたい」こういった声にお答えしま…

 

戸建て投資を成功に導く10個のチェックポイント【現地見学編】まとめ

では最後にもう一度、現地での物件の見学(内見、内覧)のチェックポイントをまとめておきます。

戸建て投資を成功に導く10個のチェックポイント【現地見学編】

【外観】

ポイント①:基礎のひび割れ(クラック)

ポイント②:外壁のひび割れ(クラック)

ポイント③:外壁・軒裏のシミ

ポイント④:屋根材のズレや破損

ポイント⑤:近隣の環境

【室内】

ポイント⑥:床の傾き

ポイント⑦:雨漏りによる天井・壁のシミ

ポイント⑧:床下の湿気、シロアリ

ポイント⑨:窓・建具(ドア・ふすま)の開閉

ポイント⑩:水回り(お風呂、トイレ、キッチン)

戸建て投資を成功に導く、現地見学での10個のチェックポイントが把握できましたね。

あとは実際に物件をたくさん見学して経験値を積んでいきましょう。

 

くれぐれも現地見学1棟目で購入できるとは思ってはいけません。

焦りは厳禁です。

 

勇気を出して一歩踏み出そう、人生が変わります。

 

またよし不動産 副業戸建て投資部

不動産投資セミナーってなんか怖いですよね?本記事では「不動産投資セミナーにちょっと興味はあるけど参加するのが怖いなぁ」こ…

またよし不動産 副業戸建て投資部

戸建て投資で失敗してしまう人には共通する特徴があります。本記事では「戸建て投資で失敗してしまう人ってどんな人?」こういう…

戸建て投資を成功に導く10個のチェックポイント【現地見学編】
最新情報をチェックしよう!
>初心者にやさしい「戸建て不動産投資」のはじめ方

初心者にやさしい「戸建て不動産投資」のはじめ方

初心者にやさしい「戸建て不動産投資」のはじめ方。現在のサラリーマン生活に何か変化が必要だと考え副業を探し、「戸建て投資」に一歩踏み出したあなたに。現役の戸建て投資家が初心者向けに「戸建て投資」についてわかりやすく解説しています。

CTR IMG