戸建て投資とは?【不動産投資初心者にわかりやすく解説します】

戸建て投資とは?【不動産投資初心者にわかりやすく解説します】

「戸建て投資って聞くけど、いったい戸建て投資って何なのだろう?初心者でもわかるように説明してほしいなぁ。あと、サラリーマンでもはじめることができるのかなぁ。」

こういった疑問にお答えします。

✅本記事の内容

戸建て投資とは?【不動産投資初心者にわかりやすく解説します】

 

この記事を書いている僕は、サラリーマンのかたわら副業として戸建て投資を始めました。

戸建て不動産投資歴「6年」。

合計で9棟10室の不動産を有しています。

 

現在のサラリーマン人生に何か変化が必要だと考えて副業を探し、

“戸建て投資”に一歩踏み出し始めたあなたに、

戸建て投資とは何か?戸建て投資のメリット・デメリットを解説したいと思います。

 

戸建て投資とは?【不動産投資初心者にわかりやすく解説します】

戸建て投資とは?

戸建て投資とは?

“戸建て投資(こだてとうし)”とは、、、

いわゆる「貸家(かしや)」の大家さん(オーナー)になることです。

○戸建て投資とは:

・不動産を活用した投資(不動産投資)の1つ。

・「一戸建て住宅」を貸して「家賃」を得ること。

・戸建賃貸、空き家投資、古家投資などとも呼ばれる。

・いわゆる「貸家(かしや)」の大家さん(オーナー)になること。

 

戸建て投資の種類と特徴

戸建て投資の種類と特徴

戸建て投資には、大きく「新築」「中古」「ボロ」の3種類があると考えています。

○戸建て投資の種類: 

①新築戸建て投資

②中古戸建て投資

③ボロ戸建て投資

(ここでは、戸建てを利用したシェアハウスや民泊などはのぞきます)

それぞれの特徴をざっくりとまとめます。

①新築戸建て投資

・もともと所有している土地もしくは購入した土地に、賃貸用の戸建て住宅を「新築」する。

・1,000万円前後くらいで賃貸用の戸建てを新築する。

・もともと土地をもっていれば有利。土地をもっていなければさらに数百万円必要。

・家賃月10万円以上も期待できる。

 

②中古戸建て投資

一般住宅用として売られている中古戸建てを購入し、貸家として貸し出す。

・300万円~500万円程度の中古戸建てを購入。

・築20~35年くらい。

・家賃月6~8万円前後。

 

③ボロ戸建て投資

格安で売られているちょっとワケありな古い戸建てを購入し、貸家として貸し出す。

・~200万円程度の格安で戸建てを購入。

・築40年以上の物件が多い。

・家賃月3~5万円前後。

 

僕が主におこなっているのは、「②中古戸建て投資」です。

「②中古戸建て投資」のメリット・デメリットについては、次のチャプターで説明します。

 

「新築戸建て投資」「ボロ戸建て投資」にもメリット・デメリットがあると思います。

「新築戸建て投資」

高い家賃が期待できますし、しばらくはメンテナンスもほぼ必要ないでしょう。

一方、土地+建物で1,000万円以上の初期投資が必要です。

 

サラリーマンだった僕は、いきなり1,000万円以上を投資して、新築を建てる費用も勇気もありませんでした。

 

「ボロ戸建て投資」

格安物件を購入するので初期投資が低く、その分高い利回りが期待できます。

一方、ボロ物件なので修繕に労力が必要ですし、家賃が低くなると入居者さんの質も低下します。

 

サラリーマンだった僕は、DIYをする時間も腕もありませんでした。

家賃滞納などややこしいこともめんどうでした。

 

戸建て投資のメリット

戸建て投資のメリット

僕が主に行っている「中古戸建て投資」のメリットは以下のとおりです。

○中古戸建て投資のメリット:

・数千万~1億円とか高額な借金がいらないので、初心者でもハードルが低い。

・高額な融資が必要ないので、年収や職種などに関係なくはじめやすい

15~20%以上の高い利回りが期待できる。

・「貸家(戸建ての賃貸)」は少ないので、入居者さんが見つかりやすい

・入居者さんの質が比較的高くなるので、滞納などのトラブルが少ない

・ファミリー世帯であれば、長期間のご入居になることが多い。

・雑草ひきなどは入居者さんがしてくれるので、管理が楽

・リフォームの幅がひろく、外壁の色を変えたり工夫がしやすい

・ペットOKやピアノOKなど、何かに特化した物件にできる

 

戸建て投資のデメリット

戸建て投資のデメリット

「中古戸建て投資」のデメリットは以下のとおりです。

○中古戸建てのデメリット:

・ある程度の現金(300万円くらい)の準備が必要

・物件の傷み具合でリフォーム費用がかかる

・金融機関からの融資がつきにくい

・融資の利用が難しいため、規模の拡大に時間がかかる

退去があると家賃収入が「ゼロ」になる。

 

戸建て投資はサラリーマンでもできる?

戸建て投資はサラリーマンでもできる?

中古戸建て投資はサラリーマンでもできる? → もちろん、「サラリーマンでもできます!」

 

僕もサラリーマン時代に副業として戸建て投資をはじめ、今では9棟10室の不動産を所有するまでになることができているからです。

 

副業として、サラリーマンに「中古戸建て投資」をおすすめします。

理由は3つです。

○副業として、サラリーマンに戸建て投資をおすすめする理由: 

①本業に集中できる。

②資格がいらない。

③昇進よりもかんたんに年収アップ。

 

①本業に集中できる

会議に、残業に、接待に、サラリーマンはいそがしいですよね。

仕事から帰って、自宅で副業をする時間も気力もなかなかないのではないでしょうか?

 

戸建て投資をはじめとする不動産投資は、入居者さんが決まり、賃貸運営が一旦軌道に乗ってしまえば、あとは銀行口座への入金を確認するだけです。

何か問題があっても、管理会社さんに依頼すれば対応してくれます。

 

通勤中も、会議中も、接待中も、寝ている間でさえも、物件が稼ぎつづけてくれるのです。

 

本業に集中できますね。

 

②資格がいらない

大家さんになるのにテストはありません。

資格はいらないのです。

 

新たに資格を取得するのは、なかなか大変ですよね。

テスト勉強のために時間も気力も必要です。

 

物件を調査するにも、中古戸建てを買うにも、リフォームを依頼するにも、資格はいりません。

専門分野は専門家におまかせすることができます。

 

物件の売買は不動産会社の宅建士さんが、登記は司法書士さんが、リフォームは大工さんといった専門家の方々がそれぞれ対応してくれます。

 

③昇進よりもかんたんに年収アップ

サラリーマンで年収を1年で100万円近く上げることはなかなか難しいですよね?

戸建て投資であれば、物件1つで大幅に年収アップが可能です。

 

戸建てを1つ運用できれば、月6~8万円の家賃が期待できます。

つまり、年間で72~96万円の家賃を手にすることができるからです。

 

会社での昇進レースより、戸建て物件1つ運用する方がはるかに楽では??

 

戸建て投資とは?【不動産投資初心者にわかりやすく解説します】

では、最後にもう一度、本記事のポイントをまとめておきます。

戸建て投資とは?【不動産投資初心者にわかりやすく解説します】

・“戸建て投資”とは「貸家」の大家さんになること。

・戸建て投資は、大きくわけて「新築」「中古」「ボロ」の3種類。

・中古戸建て投資のメリットは、高額な借金の必要がない、初心者でもはじめやすい、15~20%以上の高い利回りが期待できる、入居者さんが見つかりやすいなどなど。

・中古戸建て投資のデメリットは、現金が必要、リフォーム費用がかかる、融資がつきにくい、規模の拡大に時間がかかるなどなど。

・戸建て投資はサラリーマンでもできる?もちろん、サラリーマンでもできます!

今回は、不動産投資の初心者のみなさん向けに、

戸建て投資とはなにか?戸建て投資の特徴、メリット・デメリットについて説明しました。

だいぶ戸建て投資のイメージがつかめたのではないかと思います。

 

僕も普通のサラリーマンでしたが、戸建て投資をはじめたことで人生が大きく変わりました。

今ではサラリーマンを卒業し、カナダという自然豊かな地で家族みんなゆったりと過ごしています。

 

行動を起こすかどうかはあなた次第です。

 

勇気を出して一歩踏み出そう、人生が変わります。

 

またよし不動産 副業戸建て投資部

戸建て投資で失敗してしまう人には共通する特徴があります。本記事では「戸建て投資で失敗してしまう人ってどんな人?」こういう…

またよし不動産 副業戸建て投資部

不動産投資セミナーってなんか怖いですよね?本記事では「不動産投資セミナーにちょっと興味はあるけど参加するのが怖いなぁ」こ…

戸建て投資とは?【不動産投資初心者にわかりやすく解説します】
最新情報をチェックしよう!
>初心者にやさしい「戸建て不動産投資」のはじめ方

初心者にやさしい「戸建て不動産投資」のはじめ方

初心者にやさしい「戸建て不動産投資」のはじめ方。現在のサラリーマン生活に何か変化が必要だと考え副業を探し、「戸建て投資」に一歩踏み出したあなたに。現役の戸建て投資家が初心者向けに「戸建て投資」についてわかりやすく解説しています。

CTR IMG