失敗しない戸建て投資~戸建て物件の選び方5つのポイント~

失敗しない戸建て投資~戸建て物件の選び方5つのポイント~

「戸建て投資に興味がわいてきたけど、いったいどういう条件で物件を選べばいいのだろう?物件の選び方のポイントがわからないなぁ。」

こういった疑問にお答えします。

✅本記事でわかること

失敗しないための投資用戸建て物件の選び方がわかる

不動産の購入は絶対に失敗したくないですよね?

必死に貯めたお金を一気に使ってしまう恐怖…

僕も1棟目、2棟目の購入を進めるまで不安でいっぱいでした。

 

でも安心してください。

実際に10棟以上の投資用物件の購入を進めた僕の経験から、物件の選び方のポイントを解説していきます。

この5つのポイントを押さえていれば大きな失敗は避けることが可能です。

 

失敗しない戸建て投資~戸建て物件の選び方5つのポイント~

失敗しない戸建て投資~戸建て物件の選び方5つのポイント~2

ポイントは5つ。

○投資用戸建て物件の選び方5つのポイント

・ポイント①:物件価格は600万円以下

・ポイント②:築年数は35年以下

・ポイント③:傾き、雨漏り、シロアリ、事故物件はNG

・ポイント④:徒歩圏内に学校、コンビニ、スーパー

・ポイント⑤:最寄り駅前に賃貸屋さん

ポイント①:物件価格は600万円以下

物件価格は「600万円以下」で探していきます。

物件価格が高いと、投資としての”旨み”がうすくなるからです。

 

物件価格を抑えることができれば、資金の回収が速くなります。

戸建て投資では利回り(りまわり、年間の投資資金の回収率)15%以上を目指したいところです。

 

よって、物件価格が600万円で、1ヶ月に得られる家賃を7.5万円と想定した場合、

年間で家賃収入は、月7.5万円×12ヶ月=90万円。

この場合、表面的な利回りが15%となります。

表面利回り:90万円(年間家賃収入)÷ 600万円(物件価格)× 100 =15%

 

実際には、物件価格に加えて、

・仲介手数料

・固定資産税、都市計画税の精算

・不動産登記費

などの諸費用(計50万円以下程度)。

 

さらに、

・リフォーム費用(数万円~200万円程度)

が必要となります。

 

最低でも、諸費用も含めた実質的な利回り(実質利回り)が15%以上となることを目指したいところです。

 

まずは600万円以下の物件にターゲットを絞り、

その表示価格から価格を下げることができるよう交渉していきます。

 

またよし不動産 副業戸建て投資部

「戸建て投資の利回りが高いって聞くけど、いったい戸建て投資の利回りってどのくらい?」こういった疑問にお答えします。今回は…

 

ポイント②:築年数は35年以下

築年数が35年以下の条件で検索しましょう。

新耐震基準の物件を入手するためです。

 

1981年(昭和56年)6月1日を境に新しい耐震基準が採用されました。

新耐震基準では“震度6以上の地震に耐えられること”が基準とされています。

 

旧耐震基準の物件だとやはり不安ですよね。ご入居者も不安です。

 

また、さすがに築50年を超えてくるとご入居もなかなか難しくなる可能性があります。

築35年以下であれば、あと10~15年間賃貸物件として十分に働いてくれますね。

 

ポイント③:傾き、雨漏り、シロアリ、事故物件はNG

傾き、雨漏り、シロアリ物件は、初心者にはおすすめしません。

修繕費用が想定以上になる可能性があるからです。

避けましょう。

 

事故物件も初心者向きではありません。

避けましょう。

 

物件概要の備考欄に“心理的瑕疵あり”や“特記事項あり”などと記載されています。

要注意です。

またよし不動産 副業戸建て投資部

瑕疵担保(かしたんぽ)って何かわかりますか?本記事では「瑕疵担保って何?何か注意点とかあれば教えて」こういう声にお答えし…

 

ポイント④:徒歩圏内に学校、コンビニ、スーパー

徒歩15分圏内に学校、コンビニ、スーパーマーケットがある物件を探しましょう。

戸建て投資の場合、基本的なターゲットは“ファミリー”です。

徒歩15分圏内に学校、コンビニ、スーパーマーケットがあれば、入居者募集時のアピールポイントになるからです。

 

at homeでは“物件の周辺情報”に学校までの距離が記載されていたり、実際の物件の所在地が表示されていたりすることもあります。

所在地がわからない場合は、不動産会社に物件概要資料と地図をもらえるよう問い合わせましょう。

 

ポイント⑤:最寄り駅前に賃貸屋さん

賃貸屋さんとはアパマンショップさん、エイブルさん、ミニミニさんなどです。

最寄り駅前にこれらの賃貸屋さんがあるということは、賃貸需要が見込めるエリアであるということです。

 

逆に、最寄り駅にこれらの賃貸屋さんが無い場合、入居者募集に苦労することがあります。

 

最寄り駅前も必ずチェックしましょう。

 

まとめ

では、最後にもう一度、投資用戸建て物件の選び方5つのポイントをまとめておきます。

失敗しない戸建て投資~戸建て物件の選び方5つのポイント~

・ポイント①:物件価格は600万円以下

・ポイント②:築年数は35年以下

・ポイント③:傾き、雨漏り、シロアリ、事故物件はNG

・ポイント④:徒歩圏内に学校、コンビニ、スーパー

・ポイント⑤:最寄り駅前に賃貸屋さん

 

投資用戸建て物件の選び方のポイントは把握できましたね。

 

あとはat homeなどのサイトで実際に物件を検索して、勇気を出して”資料+地図”の請求をしよう。

どんどん現地見学をして経験値を積んでいきましょう。

 

でも焦りは禁物。簡単に購入できるとは思ってはいけません。

 

勇気を出して一歩踏み出そう、人生が変わります。

 

またよし不動産 副業戸建て投資部

不動産投資セミナーってなんか怖いですよね?本記事では「不動産投資セミナーにちょっと興味はあるけど参加するのが怖いなぁ」こ…

またよし不動産 副業戸建て投資部

戸建て投資で失敗してしまう人には共通する特徴があります。本記事では「戸建て投資で失敗してしまう人ってどんな人?」こういう…

失敗しない戸建て投資~戸建て物件の選び方5つのポイント~
最新情報をチェックしよう!
>初心者にやさしい「戸建て不動産投資」のはじめ方

初心者にやさしい「戸建て不動産投資」のはじめ方

初心者にやさしい「戸建て不動産投資」のはじめ方。現在のサラリーマン生活に何か変化が必要だと考え副業を探し、「戸建て投資」に一歩踏み出したあなたに。現役の戸建て投資家が初心者向けに「戸建て投資」についてわかりやすく解説しています。

CTR IMG