不動産の買付とは?戸建て投資の買付申込のポイント【実例公開】

不動産の買付とは?戸建て投資の買付申込のポイント【実例公開】

「買付っていったい何なのだろう?買付の流れとか必要な書類とかがあれば知りたいなぁ。」

こういった疑問にお答えします。

✅本記事でわかること

・不動産の買付(買付申込み)とは何かがわかる。
・買付申込みの流れがわかる。
・戸建て投資物件の買付証明書の書き方がわかる。

 

この記事を書いている僕は、サラリーマンのかたわら副業として戸建て投資を始めました。

戸建て不動産投資歴「6年」。

所有する戸建ては8棟を超え、合計で9棟10室の不動産を有しています。

 

現在のサラリーマン人生に何か変化が必要だと考えて副業を探し、

“戸建て投資”に一歩踏み出し始めたあなたに、

戸建て投資物件の「買付」について、買付証明書の実例も公開しながら、買付の流れとポイントについて説明していきます。

 

不動産の買付とは?戸建て投資の買付申込みポイント【実例公開】

不動産の買付とは?

不動産の買付とは?

“買付(かいつけ)”とは、、、

「この物件をこの金額で買いたいです」という意思を、売主さんと不動産会社さんに表明することを“買付”と言います。

 

いわゆる、不動産を購入するための申込みのことです。

 

購入したい物件が見つかったら、不動産会社さんに「買付証明書(買付申込書)」を提出します。

“口頭”ではなく、“書面”で購入の意思を正式に伝えるのです。

 

すこしボロい戸建て投資用の物件でも、高級タワマンでも“買付”の手続きは同じです。

 

買付はキャンセルできるの?

買付はキャンセルできるの?

“買付”は、実はキャンセルできます。

“買付証明書”には法的な効力はないからです。

 

買付証明書は契約書ではありません。あくまで購入の意思を伝えるために提出する申込書なので、キャンセル可能ですし違約金などのペナルティもありません。

 

ただし、“買付”を簡単にキャンセルするような人は不動産会社さんから嫌われます。

不動産会社さんは購入意思を信じて、売主さんの承諾を得るために正式な交渉に入ります。

 

“買付”を簡単にキャンセルするということは、不動産会社さんの信頼を簡単に裏切ることになるからです。

 

どうしても“買付”をキャンセルしなければならないときは、その理由をしっかりと説明しなければなりません。

 

買付の流れ

買付の流れ

 “買付”の一般的な流れは以下のようになります。

○買付の流れ

①インターネットなどで物件検索

②不動産会社さんに問い合わせ

③現地見学(内見)

④買付証明書(買付申込書)の提出:“買付”

⑤不動産会社さんが売主さんと交渉

⑥売主さんからの承諾

⑦売買契約

戸建ての物件でも、いい物件はみんなで競争です。

場合によっては、現地の見学(内覧)なしに“買付”を入れることもあります。

 

みなさんは上記の流れで慎重に購入を進めていきましょう。

 

買付証明書(買付申込書)とは?

買付証明書(買付申込書)とは?

「買付証明書」とは?

→“口頭”ではなく、“書面”で購入の意思を正式に伝えるための書類です。

 

買付申込書、買付証明書、購入申込書など呼び方がいろいろあります。

現場の見学のときに、「買付証明書ください」と言えば不動産会社さんからもらうことができます。

 

買付証明書には特に決まったフォーマットはありません。

ネット検索で出てくる買付証明書のひな形を使っても問題はありません。

 

現地見学のあと、自宅でしっかりと考えてから買付申込書に記入して提出すればOKです。

慣れてくると、事前に購入金額を記入した買付証明書を準備して物件見学にいったり、物件見学の現場から不動産会社の担当者さん宛にメール送信したりすることもできます。

 

買付証明書(買付申込書)実例公開します

僕が以前、不動産会社さんに提出した買付証明書の実例を公開しちゃいます。

 

↓買付証明書(実例)の全体像です。

見づらいので、上・中・下に分けて説明していきます。

 

↓まず、買付証明書(実例)の上の部分です。

・仲介してくれる不動産会社さん名を記入

・本申込書を提出する「日付」を記入

・自分の「住所・氏名」を記入

・自分の名前の横に「捺印」

 

↓買付証明書(実例)の中の部分です。

・購入希望価格:「この金額で買いたい」という金額を記入

・手付金(頭金):購入価格の「5~10%」で記入

・融資利用の有無:融資の場合は「有」、現金の場合は「無」を選択

 

↓買付証明書(実例)の下の部分です。

・契約締結予定日:具体的な日付はまだなので月は翌月、日は空欄

・引渡希望日:具体的な日付はまだなので月は翌月、日は空欄

・本書有効期限:翌月の末日と記入すれば大丈夫

・取引条件:融資利用の場合は「ローン特約あり」と記入

・物件の表示:物件資料から情報を抜きだして記入

以上の書き方で、これまで10棟以上の取引をしているので問題ありません。

 

注意点は、融資を利用する場合には「ローン特約あり」と必ず記入しておくことです。

 

「ローン特約」とは、予定していた融資が金融機関から下りなかった場合、売買契約を白紙に戻すことができるという「特約」です。

 

この「ローン特約」には売主さんの合意が必要です。

売主さんが承諾しなければ契約には至りませんのでご注意ください。

 

不動産の買付とは?戸建て投資の買付申込のポイント【実例公開】まとめ

では、最後にもう一度、本記事のポイントをまとめておきます。

不動産の買付とは?戸建て投資の買付申込みポイント【実例公開】

・不動産の買付とは「物件を買いたい」という意思を表明することです。

・買付はキャンセルできる。ただし、不動産会社さんの信頼を失わないように。

・買付証明書は購入の意思を正式に伝えるための書類。

・買付証明書買には特に決まったフォーマットはありません。

・融資利用の場合は「ローン特約あり」と記入しましょう。

今回は、実例を公開しながら、買付の流れ、ポイント、買付証明書(買付申込書)について説明しました。

だいぶ買付のイメージがつかめたのではないかと思います。

 

普通のサラリーマンであれば人生で1~2回かもしれませんが、不動産投資家になると「買付証明書」を作成することが数回~数十回になるかもしれません。

慣れてしまえば買付証明書の作成はなにも問題ありません。

 

ただし、キャンセルできることを前提に、むやみやたらと乱発しないようにしましょう。

不動産会社さん、売主さんとの信頼関係が重要です。

 

勇気を出して一歩踏み出そう、人生が変わります。

 

またよし不動産 副業戸建て投資部

戸建て投資で失敗してしまう人には共通する特徴があります。本記事では「戸建て投資で失敗してしまう人ってどんな人?」こういう…

またよし不動産 副業戸建て投資部

不動産投資セミナーってなんか怖いですよね?本記事では「不動産投資セミナーにちょっと興味はあるけど参加するのが怖いなぁ」こ…

不動産の買付とは?戸建て投資の買付申込のポイント【実例公開】
最新情報をチェックしよう!
>初心者にやさしい「戸建て不動産投資」のはじめ方

初心者にやさしい「戸建て不動産投資」のはじめ方

初心者にやさしい「戸建て不動産投資」のはじめ方。現在のサラリーマン生活に何か変化が必要だと考え副業を探し、「戸建て投資」に一歩踏み出したあなたに。現役の戸建て投資家が初心者向けに「戸建て投資」についてわかりやすく解説しています。

CTR IMG